皆様の学校のニュースを無料で流せる、全国の学校支援無料ニュースサイトです。
 
平成二十三年度入学式 杉森高等学校校長 鐘江 茂光 式辞ー 杉森高等学校(福岡県)ー
2011/04/15 16:48
校庭の桜、爛漫の今日の良き日に、金子健次柳川市長様,はじめ、多数のご来賓の方々や、保護者の方々のご臨席のもと,二百二十二名の新入生を迎え,かくも盛大に,平成二十三年度入学式を挙行できますことは,この上ない慶びであります。
新入生諸君,入学おめでとう。諸君は今日から杉森高等学校の生徒になったのであります。
  皆さんの笑顔の中に、心弾む門出と高等学校で学ぶことへの新たな期待を感じます。
  本日の入学式のお喜びを申し上げますと共に,三月十一日に突如起こりました東日本大震災で,大変な災害を受けられました皆様方の一日も早い復興と,肉親や大切な方を亡くされ悲しみの最中にあります多くのご遺族の方々に,心からお悔やみ申し上げます。
そして今も,被爆覚悟で福島原発の復旧工事に取り組んでおられる作業員の方々の安全を祈るものです。
この間,杉森高等学校では,生徒会や看護科の生徒さん方を中心に,自分たちにできる救援活動の取り組みが行われていることに,校長としてお礼と励ましの気持ちで一杯であrます。学園と致しましては,私学協会に対して災害に遭われた方々の生徒の受け入れを表明しています。
森高等学校は、県下五十九校の私立高等学校の中で,二番目に古い歴史を有し、創立百十六年目の伝統を持つ高等学校であります。しかもこれまで、この地域の子女の教育の殿堂として隆盛を極めておりますことは、本学園の誇りとする所であります。
しかし時代や社会の変化に対応できる学校を構築するため,平成十九年度から男女共学の杉森高等学校といたしました。
本学園の教育方針は、「建学の精神に基づき、人間形成の基礎となる心身の鍛練及び基礎学力の修得により、生徒の資質・能力を育て、社会有用な人間形成を図る。」としています。
さらに、本学園創設者杉森シカ先生の唄、「まこともて 努めいそしみ麗しく 花も実もある人となれかし」の建学の精神のもと、「誠実・努力・礼節」を校訓として、生涯にわたり調和のとれた、自立的な自己実現を期すことのできる創造的な人間育成を目的としています。
いよいよ諸君は,本校で学ぶことになり,満開の桜のように,さぞかし希望に満ち,慶びに溢れていることでしょう。本校職員は,諸君の夢実現のため,共に頑張ることをお約束いたします。
そこで,未来を目指す諸君に,心しておいて欲しいことがあります。
それは,諸君一人一人が,「杉森での学ぶ目的を確立せよ。」ということであります。
杉森での生活が,漫然とした勉強ではなく,自分自身の夢を持ち,ひたすらその実現に向かって努力するものであって欲しいと言うことであります。人間本気になれば、そして、諦めなければ、希望は必ず叶うものです。
最後になりましたが,保護者の方々に、一言ご挨拶申し上げます。
お子様のご入学おめでとうございます。三カ年間また,五カ年間真摯にお子様の教育に専念して参ります。地域のご期待に応えるべく、全職員一丸となって、教育内容の充実・発展に努力して行く所存であります。
本校に学ぶ生徒諸君も、家族や周囲の状況を考え,判断し,自己実現のために,果敢に取り組んでいく杉森生となります様,ご家庭との連絡を密にして参ります。
本校の指導方針をご理解いただき,学校の教育活動にご協力をお願い致しまして,式辞と致します。
 
平成二十三年四月九日
 
 
 
                                                   杉森高等学校長 鐘江 茂光    
新着情報

制作・著作 株式会社 シー・プランニング

福岡県筑紫野市塔原東3-13-27

TEL:092-918-8100 FAX:092-918-8101

HomePage:http://q-n.co.jp/cplan/