皆様の学校のニュースを無料で流せる、全国の学校支援無料ニュースサイトです。
 
樂美術館重要文化財新指定記念特別展 
2009/08/31 14:40
樂美術館重要文化財新指定記念特別展
 

                重要文化財新指定記念特別展    

長次郎 二彩獅子像 

                 

                     勢揃い京の焼物

                侘 と 雅

                          

長次郎 樂歴代 光悦 仁清 古清水 乾山

六兵衛 頴川 木米 道八 保全 和全 長造

期間

平成2198日(火)〜1220日(日)

 場 所  樂美術館(京都市上京区油小路中立売上る ℡075-414-0304

 入館料   大人1000円  大学生800円  高校生300円  中学生以下無料

 開館時間  10:00-16:30 (入館は16:00まで)

 休館日   月曜日(祝日は開館)

 

主催

樂美術館 京都新聞社

後援

京都府 京都市 京都府教育委員会 京都市教育委員会

NHK京都放送局

 

室町から桃山時代にかけて、中国華南地方の色鮮やかな三彩釉の技法が日本に招来され、そこから様々な焼物が生み出されました。かってないカラフルな色釉を用いた三彩釉は、京、大坂、堺などでもてはやされ、その技法は、一つには樂焼技法となり、また他方では、仁清をはじめとする京焼色釉世界へと発展して行きました。本展では華南三彩から、長次郎・樂歴代、光悦、野々村仁清、尾形乾山、永楽保全など、侘び茶の精神世界から色華やかな王朝世界まで都ならではといえる、焼物世界・京焼の流れを一望します。

特別公開として、この度新指定された重要文化財・長次郎作二彩獅子像を指定後当館初公開。樂焼はもとより仁清、乾山等の上絵京焼陶に影響を与えた明時代華南三彩の流れを汲む最も古い年紀銘のある作品として、樂焼と京焼をつなぐ基点ともなる作品です。

 

 

 

長次郎

本阿弥光悦

樂道入

野々村仁清

古清水

尾形乾山

樂宗入

清水六兵衛

奥田穎川

樂了入

青木木米

仁阿弥道八

永楽保全

樂旦入

真葛長造

永楽和全

 

他 約50

 

 

 

手にふれる美術館

樂美術館はでは展示ケースのガラス越しの鑑賞だけではなく

実際に手にふれて見ることができます。

 

茶碗はまさに手のひらの中の宇宙。

手にふれる感触、柔らかで繊細な造形、釉薬や土の表情、

重さと量感、高台の削り、見込の広がり等、手取りの感覚、

展示室のガラス越しでは味わえない新たな世界が見えてきます。

当館では以下の企画を行っております。

 

.手にふれる樂茶碗鑑賞会

躙り口を通って小間に入席、そこは茶の湯の小宇宙。

小間席の道具組を御覧の後広間茶室に移り、

樂歴代の作品を手に取って鑑賞していただきます。

当館学芸員が説明を致します。

開催日: 毎月第一土曜・日曜日

<但し9月は12日(土)・13日(日)、11月は7日(土)・8日(日)>

※詳細はお電話にてお問い合わせ下さい。

 

.特別鑑賞茶会

樂美術館の茶室で催される当館収蔵作品を使っての茶会です。

席主は当代樂吉左衞門。

茶室では当日使用の道具について、対話がはずみます

開催日: 920日(日)、1018日(日)、1213日(日)

申込方法 開催日1ヶ月前より電話予約を受け付けます。

TEL.075-414-0304 樂美術館

 

 

<次回展覧会案内>

 

茶の湯 新春の宴

平成22年1月7日(木)〜 3月28日(日)

入館料:大人700円 大学生600円 高校生300円 中学生以下無料

月曜休館(但し祝祭日開館)

 

主な出品作品

 

野々村仁清作  鱗波文茶碗(重要文化財)北村美術家蔵

1020日(火)〜1123日(月・祝)展示

尾形乾山作   鉄絵染付松樹文茶碗

古清水 色絵七宝繋文兎鈕冊子形香炉

長次郎、本阿弥光悦、樂道入、樂宗入

清水六兵衛、奥田穎川、樂了入、青木木米

仁阿弥道八、永楽保全、樂旦入、真葛長造、永楽和全

 

新着情報

制作・著作 株式会社 シー・プランニング

福岡県筑紫野市塔原東3-13-27

TEL:092-918-8100 FAX:092-918-8101

HomePage:http://q-n.co.jp/cplan/